2017.04.20 Thursday

[M3新作] ”3x6 - Ghost Vandalism"

0

    お待たせしました。

    M3では私3x6がオーナーを務めるICONOCLAST RECORDINGSから4曲入りのEPをリリースする予定です。

    ずっとDrum & Bassでダークネスを追及し続けて見えてきたものを形にすることができた気がします。

    内一曲はDEAD SECT10NでもDJをしてくれる8 to 7の激ドープなナンバーをゲストトラックに収録。

    アートワークもフライヤーや前EP"Enfants Terribles"でおなじみの風間氏!

     

     

    Ghost Vandalism by 3x6

     

    1. Inga

    2. Derangement

    3. Sad Friend

    4. Burn My Fear (*Guest Track)

     

    Tr4 by ”8 to 7" https://soundcloud.com/8_to_7

    Cover design by "風間" http://gondwanaland3000.tumblr.com/

     

    ​Genre: Drum & bass / Darkstep / Techstep

    Release Date: CD:April 30th 2017     MP3(Bandcamp): 15th May 2017

    Price: 500yen

     

     

     

     

    ■M3スペース情報■

    第一展示場1F  H-21b  "ICONOCLAST RECORDINGS"

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2017.04.19 Wednesday

    DEAD SECT10N PICKUP ARTIST VOL. 01 VOYAGE

    0

      新パーティーDEAD SECT10Nの余興ということでこのパーティー的にお勧めなアーティストを当日まで何回かピックアップしてブログで紹介ていこうよ!というコーナーです。他のパーティーではなかなかプレイされないダークでドープな音との出会いのある場を目指しています。そんな音を探している人のアンテナに引っかかってくれればという願いを込めて、それでは第一弾です。

       

      去年末に老舗Tech Itch Recからフルアルバムをリリースし多くのdnbヘッズから注目を集めたVoyageです。

      Facebookをお持ちでないようなのでどんな人なのかちょっと謎多き人なのですがロンドンのプロデューサーのようです。何が素晴らしいかというともちろんその音楽性、これは90年代末期〜00年代中期のTechstep / Darkstepを発起させる音、不穏なSFXやドローンサウンドカッチカチのキック&スネアに激しいアーメンブレイクス!ディープさとハードコアさのブレンド!つまりオールドスクールなのです。現代までのDarkstepといえば王道と呼べるスタイルがないアーティストの数だけスタイルがあるようなシーンですが、dnb黎明期まで振り返って強いて"王道"と呼べるものを上げるならこの辺の音がそうだといえるかもしれません。本当にTechnical Itchの正統後継者みたいな音ですからそりゃ彼のレーベルからリリースされるわけです。(Technical Itch自体もまだ現役ですが)でもサウンドメイキングは現代のテクノロジーなので聴いてても懐古的に、というよりはむしろこれ、すごく新しくね?って感じがしますね。こういうニューオールドスクールな音、DEAD SECT10Nではばんばんプレイしていきたいですね。

      アルバムの曲は"GEO600""Omega""Modified""Dangerous idea""Bloodline"がお気に入り。

       

       

      Voyageの人となりがわかるかもしれないインタビュー(英語)

      http://www.dnbdojo.co.uk/2017/03/23/qa-voyage-tech-itch-recordings/

      2017.04.05 Wednesday

      新パーティーはじめます。

      0

        久々にイベントを催すことになりました。Otherman ShowとSproutのコラボイベントは去年の6月なのでほぼ1年ぶりにオーガナイズに関わることになります。で"DEAD SECT10N"という、場所を渋谷に変えて、でもやっぱりダーク系な音楽の新パーティーを立ち上げたわけですがこれからちょっとその辺の経緯等をお話ししたいと思います。

         

        よく他所のイベントに遊びに行くと「Sproutやらないんですか〜?」とか「最近Djしてないっすね〜」と声をかけて頂くんですが、少し思うところがあってSproutの方は現在企画を寝かせているような感じです。(Djしてないのは単にオファーが…(泣))

        思うところというのはイベントの方向性というよりは自分自身の立ち位置を見つめ直したいという、実はとても個人的な事情でして、これをクリアしないと自分の全ての音楽活動は先に進めんな〜思っていたわけです。

         

        見つめ直すきっかけの一つにDarkstepのシーンの変化にあります。10年代前半一世を風靡した(?)このシーンのトップアーティスト達は現在、Neurofunkという、Drum & Bassの中でもよりメインストリーム寄りなジャンルを作るようになり音楽性を変化させました。この新たなステージでも才能を発揮するプロデューサーも入れば、前の方が良かったっていう没個性になってしまった人もいます。また10年代後半はPRSPCT Recordingsの実質一強という状態で、これはDarkstepだけではなく他のエクストリームダンスミュージックシーンに於いてもそうなったと言ってもいいでしょう。PRSPCT Recは元々DarkstepのレーベルでしたがDrum & BassとHardcore Techno、またはBreakcoreのクロスオーバーをテーマに掲げ、実際それが成功してとても大きいレーベルになりました。しかしHardcoreシーンからのフィードバックが強すぎてそれまであったDarkstepシーンは変化せざるを得ませんでした。よく言われる"ダークステップはクロスブリードに取り込まれた"というのがそうです。私は当時のDarkstepの音楽性から今とそんなに変化があったと思っていませんが見え方や受け手の方が変化したというのが真実だと思っています。

         

        さて、DarkstepはNeuroかHardcoreかどっちに進むか?みたいな話になってきましたがそれしか道がないのでしょうか?私はそこで立ち止まって考えることにしました。NeurofunkもCrossbreedも、自分的にも推していきたいジャンルなのですがDarkstepのアイデンティティついて考えていたわけです。結論はDarkstepにしかないダークさはあるよね、というとても今更なものでした。敬愛するアーティストがどんな道に進もうが、自分のベースメントはそこだったのです。具体的にはどういうっていうのはここでは語りませんがそこは現在制作中のEPでその真意を表明したいと思っています。はい宣伝乙。しかし結論が出てしまうとやりたいことの具体性がどんどん見えてきます。そこで今の自分はSproutとは別のコンセプトのイベントをやるべきなのだと思ったわけです。

         

        やっと新パーティーの紹介です。

         

        DEAD SECT10N ~DARK & DOPE BEATS SHOW~

         

        @渋谷DIMENSION

        5/5(金祝) 16:00~22:00

        fee:2000yen (2D含)

        Genre: Drum & Bass, Dubstep, Hiphop etc

         

        DJ:

        3x6,

        DJ YEW,

        Re+,

        DarkDutchWife,

        8 to 7,

        Colon,

        Oli

         

        Flyer design: 風間

         

        出演者の皆さんは全て過去にSproutに出演してくれた、又は遊びにきてくれた以前から縁あり信用のおけるナイスなDJ陣です。では何がSproutとは何が違うのかというと、Sproutって音が激しかったら割と何でもありだった(と自分では思っている)のですが、DEAD SECT10Nはもっとダークさとアンダーグラウンドさにこだわってみようと思っています。例えるならSproutはメタルコアでDSはドゥーム/ブラック系みたいな。あとSproutは先代主催にして創始者のYOSHさんからオーガナイズを託されたもので、相棒のMedicoと協力して運営してきましたが今回は私一人で初めてゼロから企画したイベントなのであります。

        今後のアクションとしてはDEAD SECT10N PROMO MIXを誠意制作中で、やはりどんなパーティーかはこんな感じって音を聴いてもらえるのが一番早いかなと。もちろんフリーダウンロード公開予定です

        公開しました。(5/4)

         

         

         

        そんなこんなで長文になってしまいましたが、GW真っ只中ですがもし興味がありましたら是非遊びに来てくださいね!

        ちなみに全くの余談ですがDEAD SECT10Nというのはウォッチドッグス2というゲームをやっている時に思いつきました。あんまり深い意味は無いのですが。

         

         

         

         

         

         

        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM