2017.12.28 Thursday

C93 三日目参加のお知らせ その1"THANATLOGOTH - 2ND EP「詛嚼」"

0

    今年も残りわずかとなりましたね。さて冬のビッグイベント"コミックマーケット93"に当”Iconoclast Recordings"がサークル参加致します。本来、音楽系は1日目なのですが私の仕事の都合で3日目に応募して出展スペースを設けさせて頂きました。

     

    参加スペース: 3日目東地区ヨ20b

     

    新作は2作品を用意しています。その内1つが以下

     

    THANATLOGOTH
    2ND E.P.「詛嚼」

    01. 詛嚼
    02. drømmeløs
    03. 詛嚼-Underneath Mix-
    04. Genmetsu[C.E.1989 stil]
     
    2017.12.31 | C93 Winter.
    16cm Disc Self-Release 500yen (tax incl.)


    Distribution & Manufactured by Thanatlogoth

     

    <

     

    私3x6のサイドプロジェクトであるメタルバンド"Thanatlogoth"の新作EPをリリースします。

    新曲1曲にそのリミックス1曲、さらに過去曲のリミックス2曲の計4曲収録。試聴曲準備中。

    ブラックメタルとダークドラムンベース/ジャングルを融合させた実験的なサウンドのプロジェクトです。

     

    またホームページやSoundcloudも新たに開設致しましたのでこちらも是非チェックしてください!

     

    Official Homepage:https://thanatlogoth.jimdo.com/

    Soundcloud:https://soundcloud.com/user-678379343-530232496

     

    もう一つの新作は次の記事で。

     

     

     

    2017.10.06 Friday

    DEAD SECT10N PICKUP ARTIST VOL. 07 "BETERROR"

    0

      第7回のおススメアーティストはTakeruさんからのレコメンド、ウクライナのDarkDnBアーティスト"Beterror"。

       

      「2015年に”DeathSoundBat Recordings"からリリースした「All My People EP」を皮切りにその頭角を現し始めました。また2017年には”Harder & Louder Recordings”から「Climb My People」をリリース、注目した人もいるのではないでしょうか。彼の曲を聴く感じ、様々なDarkstepを取り込み、自分の曲にアウトプットしていこうというパワフルさとフレッシュさを感じます。また、初めて聴いた人の度肝を抜かすような変態系リズムなどはまだないのですが、クラブで聴くと踊りやすく、スタンダートな曲調が多いのが魅力的であり自分もDJでよく使わせて頂いてます。未リリース曲もまだまだ控えているみたいですしこれから是非とも注目されてほしいアーティストの一人です!」

      とTekeru氏も激しく推薦。

       

      リリースペースも上々だしロシアのM1CH3L Pとは盟友のようでよく共作を発表していますね。Limewaxを輩出したウクライナ産のアーティストだけに今後への期待が高まります!

       

      スネアが主張しまくってるダークニューロな一曲。Katharsysにも通じるストイックな仕上がり。

       

       

      Hardcore DnB調の一曲。低音の出方がDnBサイドのアーティストって感じですね。

       

      激烈ハードな一曲。ダークステップ系統のアーティストでもトリッキーなことはせず、ドラムの攻撃力でストレートに押していくタイプの人みたいですね。

      2017.10.05 Thursday

      DEAD SECT10N PICKUP ARTIST VOL. 06 "SUBTENSION"

      0

        第6回のおススメアーティストはga_ck_ieさんからのレコメンド、スロヴァキアのDnBアーティストSubtension。

        Neurofunkをメインに作ってる人で確認できるリリースでは2012年デビュー。

        それ以前はSoundNbeatsというDnBユニットに所属していました。ソロになって一皮剥けたアーティストなのですね。

        彼は老舗のRenegade Hardwareや今勢いのあるCritical、エクスペリメンタル系のSamurai Music等からもリリースしています。

         

        soundcloud:https://soundcloud.com/subtension

         

        ga_ck_ieさん曰く「2014年にRenegade Hardwareからトラックをリリースした頃から、halftimeでハード目なDrum & Bass を出すようになっています。 SubtensionのトラックはいわゆるDeep系のHalftimeとは異なり、ニューロファンク的な音使いで、 深く沈み込むようなベースと、エレクトリックでパーカッシブな上モノが組み合わさり、 独特でスリリングなトラックに仕上がっています。」とのこと。

         

        Subtension - Break & Go (Invisible)

        NeurofunkシーンでもHalftimeを作る人ってけっこう増えてるのですが、彼のサウンドはNoisiaとかAudioのマッチョでアグレッシブなサウンドとは異なり、落ち着きのある、簡素でまとまってるかんじがしますよね。

         

        先の曲と同じパチパチ?プチプチ?したベースサウンドも使われてます。とってもパーカッシブでおもしろい曲。