<< DJ HIDDEN JAPAN TOUR お知らせいろいろ | main | 2014 HARD DRUM & BASS BEST 13 [Neurofunk / Techstep 編] >>
2015.01.04 Sunday

2014 HARD DRUM & BASS BEST 20 [Darkstep / Crossbreed 編]

0

    20.Broken Note - Descent


    活動休止から見事復活を遂げたBroken Note!
    ギニュギニュしたベースにベタッ張り付いつくような感じのドラムの暗黒Drumstep。
    ベースミュージックというよりはエレクトロニカに近いミックス。


    19.Robyn Chaos & Fortitude -140 Conspiracy

    仰々しいホラー感のあるイントロからはじまる変わったドラムパターンの曲。
    激しさは控えめですが二分打ちでズッシリとくるキックに押しつぶされそうになります。
    Robyn Chaosが歌やスキット以外で関わってるのも珍しい。

     

    18.Peter Kurten - Watch The World Burn


    やはりベルギーダークステップの鬼、PKは天才かキ◯ガイか…
    ただ激烈にドラムをドカドカ打ちまくる…それが全て!といわんばかりの強烈なダークステップ。
    これで音楽になってるんだからすごい。

     

    17.I:GOR - LION 


    TR808っぽいドラムの音を使ったTrap + Crossbreedっていう実験的試みの曲。
    i:gorは自分なりの手法でおもしろいCrossbreedを作っていますねえ。
    純粋にかっこよさだけだったったらこのシングルのカップリング曲"Game Tight"もなかなか。
     


    16.Gancher & Ruin - Ricochet


    スカルステップにガバキックを盛り込んだ、これも一つのCrossbreedの形なのでしょうか。
    軽快にリズムよく連打されるスネアに被さってくる四つ打ちガバキックが気持ちいい。
    数あるG&Rの曲の中でもおそらく一番タッタカ、スネアを打っている曲です。

     

    15.Evol Intent & Eye-D - Jim Skynner


    ハードで疾走感あるダークドラムンベース。徐々にドラムが荒ぶっていくのもおもしろいですね。
    アメリカ勢の中で、Evol IntentがEDMやTrap等流行の波に揺らされつつも
    DnBの地にまだ足を着けて活躍していることは喜ばしい事ですね。

     

    14.Goldberg Variations - Zomby Of Kasino


    スカルステップといえばLimewaxとPanaceのユニットGoldberg Variationsです。
    連符を使いテンポに揺らぎがあるような変テコなノリを出しており
    ほぼスネア打ちだけでグルーブを出しているという、もうスネアンベースといってもいいかもしれません。
    全力でフザケている感じが最高です。

     

    13.The Hard Way - Sodomizer


    LimewaxとBong-Ra がPRSPCTのボスThrasherをサポートする感じで編成されているユニットThe Hard way。
    2-4スネアのパートとスネアをシンコペーションさせて刻む2つのドラムパターンがあり、
    一昨年のPRSPCTアンセムである"Devil`s Worshipping Motherfucker"と近い構成の曲です。
    ハードコアドラムンベースの基本骨子的な曲と言っていいかもしれません。



    12.COOH - Sunshine Units

    思わず手拍子をとりたくなってしまうようなおもしろビート曲。
    キックのパターンとスネアのパターンが一小節ずつ交互に繰り返されるというもので複雑というかむしろキャッチー。
    イントロも短いしけっこうDJでも使いやすい曲です。
    何故か後半にはストリングスが入ってきて壮大さがでてくるという謎さも。

     

    11.Donny - Brain Rape


    2年前に来日したDonnyも去年ついに1stアルバムを出しました。でこれがその1曲目でタイトルトラック。
    イントロのシネマティックで重厚感と臨場感が伝わってくる感じは流石。
    メインパートは徹底して音数少なめのシンプルイズクール設計、で1音、1音を研ぎ澄ましているる感じがします。
    (え、アルバム全曲作りが同じだって?)


     

    10.Forbidden Society & Task Horizon - Meltdown


    Forbidden SocietyとTaskHorizonの共作はこれが初でしょうか。ベースがモリモリなニューロファンクができるかと思ったら違いました。四つ打ちからはじまり、これはクロスブリードかな?と思いきや、メインにくるのはスネアの音色がころころと変わるストレートなハードドラムンベース。特にスネアの芯の音域をブーストしたポクッ!って木魚のような音がおもしろい。

     

    9.N-Vitral & Deathmachine-Time To Meet The Devil


    激ハードなクロスブリード。格好良過ぎです!出だしがドラムンベースだったり、BPMも175だったりとクロスブリードとしてバランスもとれてる曲ですがリリースはハードコアを主に取り扱うサブレーベルのXTRMから。しかしとにかくキックが重くてインダストリアル。男の叫び声のサンプリングでスタブする感じもブルータルで最高。


     

    8.Empire X - Puzzle Box


    キュ〜〜〜〜〜ンっていうピッチベンドする高い音程のシンセにドラムロールのような高速ビートが載る、Limewaxに負けてないくらいの変態スカルステップ。しばらく聴いていると何かに吸い込まれそうな気分さえしてきます。昔のダークステップではよく使われていた"ウーッ!"っていう声ネタも入っていて、Current Valueがまだ極悪でFreak Rec全盛期のだった頃のダークステップを懐かしむ事も出来ます。


     

    7.Meander - Another Monster


    ガバ/インダストリアルハードコア界の天才、Ophidianの別名儀によるダークステップ。
    ドラミングはブレイクコアのように細かくエディットされ、重いキックと、カーン!と金属的な響きのあるスカルスネアが打ち鳴らされます。Ophidianは以前Facebookでハードコアテクノシーンに蔓延したクロスブリード的な手法に苦言したことがありますが、このアルバムを聞いてみると彼がちゃんと独自のスタイルでドラムンベースと対話をしたのだと言えるでしょう。


     

    6.Switch Technique + Fragz - Vigilante


    ダーク&サイバーな感じがかなりかっこいいクロスブリード。FragzよりはかなりSwitch Technique寄りの曲です。不穏な雰囲気のイントロから幕開け、ブレイク後にフィルターカットインで入ってくるシンセリフのメロディがダークレイブ感があってたまりません。キックはガバキックのような音ではありませんが、地を這うようなダークステップ的なベースラインと絡んでインダストリアル感を出しています。ブレイクが2回あるのもグッド。


     

    5.The Panacea feat Goldberg Variations & Untergang - Ryse & Shiiine


    イントロ/ブレイクが、まるでハードスタイルかニュースタイルガバでもはじまりそうなメロディのPanaceaらしいレイヴィーなトラック。しかしドラムは3連符に四つ打ちドラムンベースにと、さらには荒れ狂うアーメンスカルステップも炸裂するというかなりエグい作り。尺は4分未満とコンパクト。そして何よりThe Panacea will Never DieっていうこのEPのタイトルが最高です。


     

    4.Donny & Audio - Horribly Ribbed (Katharsys Remix)


    去年はリリースが少なかったKatharsysのリミックスワーク。Katharsysスネア中毒患者はこの曲を聞いて耐え忍ぶ他ありません。元曲はオールドスクールなジャングルビートの曲なのですがこのリミックスには全くそのような音はありません。1音1音が殴打するかのように叩き付けられる強烈なスネアサウンドと、激重のサブベースにただ圧倒されるばかりです。ドラムの骨太さなら2014年最強の曲。
     



    3.The Outside Agency - Hours & Dreams


    Crossbreed提唱者TOAが満を持してリリースしたその名も"Now This Is Crossbreed VOL.10"に収録される1曲。DJ Hiddenのプロデュースということで彼らしいウォーミーでエモーショナルなイントロに美しいメロディが重なり、その後急降下して歪んだキックドラムが襲ってくるという天国&地獄感が味わえる曲です。スネアはベタッとしてスカルスネア系とは異なる音ですがギョギョ!とシンセの音でアクセントを付けているので非常に面白いグルーヴになっています。



    2.Hallucinator feat Isacco Pattini - Resist

    このFuck The System EPがどの曲も最高過ぎて、しかもそれぞれ特徴ある曲なので("Raise Middle Finger"はメインスストリームガバみたいなメロディックなクロスブリード、"Redline"はデスコアVoを起用したザクザクギターのベースメタル等)全曲ランクインさせようかも迷いましたが自分のDJの使用頻度的にこの曲をチョイス。メタリックなシャウトボーカルから始まり、ドラムンベース→四つ打ちドラムン→クロスブリードと3段階にチェンジするハードコアな1曲。特にサイドチェインコンプでグワングワンとベースが唸る最初のパートが好き。


     

    1.Limewax - Arsch Noisyum


    堂々の1位!Limewaxによるまるでブレイクコアのようにドラムが暴れ狂う激烈スカルステップです。一体いくつドラムパターンを使っているのでしょうか?次々と矢継ぎ早に様々な激烈ビートが飛び出す様は最早ドラム動物園状態。そしてなんとベスト20でユニット名義も含めたらLimewax絡みの曲が4つもランクインしていました。確かに去年のリリースはどれもズバ抜けていました。Limewaxの新曲と聞いただけで今度はどんなぶっ飛んだ曲なんだろうとウキウキしてしまします。シーンの成熟を感じさせない底知れないプロデューサーです。
     
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM