<< 11/11(月) CURRENT VALUE 、DOMMUNE出演決定!!!!!!! | main | SPROUT WANT[新レーベル設立/楽曲公募のお知らせ][1/23改訂] >>
2013.11.12 Tuesday

11/16 Sprout All Line Up

0
    DOMMUNE LIVE配信も大好評に終わったCURRENT VALUE。
    いよいよと迫ったジャパンツアーの最終公演となる東京Sprout!!
    今年最強のハードミュージックパーティーにすべく、国内外から
    他ではありえない精鋭キャストに集結頂きました!
    一人として見逃せない!!!

    ---------MAIN----------


    ENA (7even Rec / Samurai Music Horo) 

    ProducerDJLIVE、作曲、編曲、ギタリスト、劇伴作家、エンジニア、、、様々な名義の基にメジャー、アンダーグラウンドをボーダーレスに活動。 Drum&Bassから派生したジャンルレスな音楽の評価が高く、Loxy,Surgeon,Mu-Ziq,Peverelist,Pangaea,Laurent Garnierなど、ジャンルを問わないTopDJからのサポートを受け、Resident AdvisorPodcastに日本人二人目として自身の曲を中心としたMixを提供。これまでに数々の12inchをリリースし、CARDZ&ENA名義によるアルバム [DEADSTOCK]MurderChannelコンピレーションCD参加、DJ100Mado&PachekoSplitアルバムにRemix提供、MAKOTO主宰レーベル"HE:Digital"、フランスのTop Label"7even Recordings"からの12inchリリース、RenegadeHardware/CYLONLoxyとの共作がLoxy主宰のレーベルCX:Digitalからリリース。更には老舗レーベル"Horizons Music"からリリースされたNaibuのアルバムにも参加。その他にもドイツのHymen Recやロシア、スペイン、そしてアメリカなど世界中のレーベルから立て続けにリリースを重ねると同時に、楽曲のクオリティの高さからミキシングの評価も高く、様々な作品にエンジニアリングでも参加。2012年には一ヶ月に渡るヨーロッパツアーも成功を収め、そして20134月に7even Recordingsからアルバム"BILATERAL"が発売!
    https://soundcloud.com/ena-iai
     

    Tesco Suicide (Drastick Adhesive Force x 黒電話666)

    Drastik接着力(打つこと)および黒い電話666(雑音)による抽象的なユニット。場面の活動を互いとは別々に継続する際に、また共同作業に試みます。下品なパフォーマンスは好評され、「テスコの自殺」などのユニットが形成された。雑音は彫られ、重い低音Low Beatで、Trip Hop / R&B / Noise / Dub サウンドをクロスして刻まれているにちがいない!近日、ミュータントカセットレーベル、SLUDGE TAPESから初音源リリース予定。
    Drastik Adhesive Force 
    http://drastikadhesiveforce.tumblr.com/
    黒電話666 http://www.geocities.jp/made_in_nakano/index

    Nyolfen (Denryoku Label / Bunkai-kei / PROGRESSIVE FOrM)
    都内を中心に2006年から本格的にライブ活動を開始。
    electronica, minimal, experimentalからピアノ曲まで等幅広い楽曲を制作。
    2009年、Sound&Recording誌のKen Ishiiリミックス・コンテストで佳作を受賞。
    2010年5月にDenryoku Labelから2ndアルバム『As the earth dances』をリリース、
    タワーレコード渋谷店J-Indiesランキングにチャートインし、大々的にコーナー展開が行われ一躍脚光を浴びる。2011年6月にはBunkai-Kei recordsからコンセプトEP『fourpoles』をリリースし、 国内外で高い評価を得た。そして2012年には、7月に3rdアルバム『Pulse』をPROGRESSIVE FOrMよりリリース、
    11月にDenryoku Labelから『Eclipse EP』をリリース、同月Bunkai-Kei records × Intel Gridplayとの
    コラボレーション企画において楽曲提供を行う等、一層活躍の幅を広げている。
    http://nyolfen.com/

     


    y0c1e (Hifumi,inc. / ALTEMA Records)
    2009年活動スタート。アニソン、ドルソン、クラブミュージック、エレクトロニカまで手がけるプロデューサー。
    ネットレーベルからのリリースも多数。
    http://ciqii.com/

    hanali (gorge.in / telemetry) x Other Place

    hanali


    Toki Takumiによるビーツ・クライミング・ユニット、hanaliは日本のGorgeシーンを牽引する存在だ。 2000年ごろ、半壊テープMTRによる即興演奏による活動を開始し、2002年よりhanali名義でトラック制作・ライブを行う。 2009年、1stアルバム『Spesial Musicu』(telemetry)をリリースすると共にテント泊縦走・沢登り・フリークライミング・クラッククライミングなどに活動の枠を広げる。一向に上達しないクライミング・レベルと無闇に肥大し続けるモチベーションとの間の葛藤に苛まされながら、北アルプス・南アルプス、奥多摩、小川山、城ヶ崎、湯河原、城山などに遠征を続け、恐怖と疲労と絶望に翻弄される日々を送る。2011年冬のグランドフォール事故により脊椎圧迫骨折を負い、クライミング活動を中断。 クライミングへのモチベーションをトラック制作に強引に捻じ曲げ、「高く巨大で、固く重い何か」をサウンドの中に求めるべく模索を続ける。
    http://gorge.in/

    Other Place

    メルボルン在住のドラマー/電子音楽家 2013年7月ボアダムスから7X13Boadrumドラムリーダーとして来日した際に偶然hanaliのライブを見た事で強く感銘を受け今回のコラボレーションをする事になった。 誰もが望んでいたgorge x 生ドラムが披露される!
    http://www.otherplaces.co/


    Matic-log (MHz inc.)

    BLACK SMOKER RECORDS・MURDER CHANNELの各種アートワーク&デザインを手がける。オーナーを務めるGHz music storeのセレクトを中心としたインダストリアルかつヘビーなDJ SETが特徴。
    http://d.hatena.ne.jp/matic-log/

    PortaL (Soundgram / 5gene)
    東京都出身、国内在住のときからWarp,Rephlex,Planet-mu Records辺りのUKのクラブミュージックに強く影響を受け,2004年から2010年までイギリス国内でもパーティーシーンで有名なブライトンに拠 点を移す。 2005年から2008年の3年間毎週海沿いのパブで行われていたInstrumentalityの主催し、 2007初頭から2008年の終わりごろまでは即興ノイズジャムバンドJambilonの活動をYaporigamiと活動。 IDM, Techno, Electronic, Breakbeats, Dubstep,UK Funky/Garage, Breaks, D'n'B, Jungle, Breakcore, Gabber, Hardocore まで幅広く使い分け本物のみを追求している確かな音は必聴! 2010年10月に帰国し現在はDJ/Soundgram主催をする傍ら、レーベルの立ち上げやどう考えても自分にしか出来ない海外アーティストのブッキ ングなどを視野に入れ、膨らむ妄想をどう実現するかを試行錯誤している。
    http://portalthedj.blogspot.jp/


    3x6 B2B Medico (Sprout)

    3x6


    Darkstepのプロデューサーにして日本唯一のHardcore Drum&Bass Party、“Sprout”のオーガナイザー。メタルコアバンドのヴォーカリストとして音楽活動をしていたが2007からDrum & Bassの地に足を着け,現在の”3x6”の名義でプロデュース/DJ業を開始する。オリジナルトラックにはアニメやゲームからの サンプリングを使用したものが多く“SUBROC RECORDINGS”という自主レーベルで 同人音楽活動もしており ナードミュージック/オタクカルチャーの中でもその存在が評価されている。
    http://3x6x.com/

    Medico

    日本唯一のハードコア・ドラムンベースパーティー「SPROUT」を発信地として 自身で作曲、DJ活動を行っている。今 までにオーストラリアのレーベル、Hell’s Bassment Recordsより vinylやmp3にて楽曲を発表。 いずれもHard/Dark/Industrial/Technoidなどと形容される サウンドコンセプトで構成。世界最大規模のハードコア・ドラムンベースイベント「Therapy Sessions」などでも使用される。またSPROUTのイベントやブログで独自のMIXを配布。常に高いクオリティと新しい音表現に執着し、DJとしての構成、パフォーマンスも妥協を許さない。今ではSPROUTにおける一つのアイデンティティーとして定着。更には日本にこのサウンドを定着させるべく、現在邁進中。
    http://www.myspace.com/medicomtm

    [VJ]球根栽培

    MV、ライブDVD、TV番組、ショーケース映像などを手掛ける映像ディレクター。2007年よりVJ活動を開始し、EVOL INTENT、STATE OF MIND、THERAPY SESSION、FORBIDDEN SOCIETYなど海外の大物アーティストの映像演出を手掛ける。2009年に発表した短編映像作品「九月の鼠」は国内外の映画祭でそこそこの評価を受け、2011年には「映像作家100人2011」(BNN出版)に掲載される。 近年は映像による洗脳催眠の可能性を模索中。

    http://www.facebook.com/qcon.saibai

    [VJ]215(sleepingfactory)

    KE30 CE10 TE25。数多のDJが争うクラブに出没する、正体不明の狐面VJ。 単騎でクラブに突如現れ、無差別な腹筋への攻撃を加えて去っていくのが 常であり、無類の腹筋への強さと正体不明さから、「きつねのおばけ」と呼ばれるようになったとかならないとか。基本的に重量過多かつ紙装甲のため、適当に小突いたら片が付く

    ----------------LOUNGE----------------

    100mado (Murder Channel Rec / Back To Chill)

    97年頃から関西を中心にraga jungle〜abstract hiphopを織り交ぜたDJをスタートさせ、その一方でBusRatchなどの実験的なプロジェクトに参加。2001年、シカゴ現代美術館でのクリスチャンマークレーとの共演を最後にBusRatchを脱退。横浜に移住後chaplin、nentegaine名義などの活動を経て、2004年頃からDubstep、HeavyBassサウンドを追求するべくDJ百窓を開始。2006年、日本を代表するDubstepイベント・Back To Chillの立ち上げから参加。2007年7月に自身の曲がBBC-Radio 1でMary Anne Hobbsによってオンエアーされ、その後8月には日本人クリエイターのみで構成された”only JP mix”をweb上で公開し、世界各国から大きな反響を得る。2007年8月にメタモルフォーゼ・OrtofonブースにDJ ARUらと共に参加。3時間に及ぶロングセットでプレイで地下道に熱狂を巻き起こし、再び参加した2008年、早朝のDubstepセットが各所で話題となる。2010年にはStarkeyが主宰を務めるLo Dubsより、ベネズエラ人ダブステッパーPachekoとスプリット12レコードをリリース。またゾンビ映画に酔狂する100madoとBD1982とのユニット・Makumba Soundでのリリースや、100bpmなスローテクノ・スタイルmixを公開するなど多岐に渡る行動を展開。
    https://soundcloud.com/100mado

    DJ MAHIRU (どらむん町内会 / ArijuaNa)

    1990年生まれ。学生時代に伊波まひるとDRUM&BASSに強く影響を受けDJ活動を始める。敬愛する伊波まひるを筆頭に自身の経験したカルチャーとDRUM&BASSをミックスしたDJスタイルで幅広いイベントに出演。BASS MUSICを中心としたイベントを精力的に立ち上げ都内で活躍する実力派DJを数多く招聘、現在は秋葉原MOGRAで架空の町"どらむん町"を舞台にした「どらむん町内会」、青山蜂のBASS MUSIC PARTY「ArijuaNa」を中心に活動中。
    https://soundcloud.com/mahiru_dj

    Madmaid (路上レーベル / 異レギュラー) 

    楽しくやろうや
    https://soundcloud.com/madmaid

    6th (Illegal Wave Rec / Bassquaker)
    「Illegal wave Records」主催。2010年よりDJ、作曲活動を開始。
    北欧系メタルに影響を受けた攻撃的かつメロディアスなMainstream Hardcoreを
    フロアに放つ。
    2013年より同ジャンル主軸のイベントBassquakerのオーガナイズを開始。
    国内へのMainstream Hardcore普及を目指す。
    今後のハードコアシーンを占う上で重要なアクトの一人である。
    http://iwr.xxxxxxxx.jp/

    Minapiiin (つくしレコーズ)

    "島根県出身。東京都在住。2005年よりDTMによるTrack制作を開始。
    Drum&Bassにこだわったスタイルでインターネットを中心に活動し、
    日本では希少なneurofunkからアニソン等のremixまでを安定したクオリティで提供。
    2013年につくしレコーズよりリリースしたEPも好評を博している。
    https://soundcloud.com/minapiiin

    Kanabun (KPD Records)

    2007年よりelectronica〜IDMを中心にダークな音楽を製作しつつ、たまに良い感じの楽曲も作ります。
    分解系からEPをリリースを機にout of dots、大ネットレーベル祭に出演するなどインターネットの隅の方で活動中。
    http://kpdrecords.com/

    Dark Dutchwife
    低音が好物の女DJ。ダブ・ステップ、ジャングル、ブレイクコア、ドラム&ベース、ノイズを男前にミックスするそのスタイルは、工場地帯を疾走する東海道線のスピード感さながらに、また彼女の地元である川崎ならではのインダストリアルかつ駅前再開発的なダイナミズムが感じられる。目下大注目のフィメールである。過去の共演アーティストはKid606, THA BLUE HERB,SLANG,BlueBird, Aaron Spector, Tecnoist, Goth-Trad, Com.A,BIG JOE,OLIVE OILなど。

    TAK666 (Cradle To Grave)
    TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。それなりに色々なパーティーに参加したり異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げてテクノ、ハウス、トランスからブレイク・ビーツ、ドラムン・ベース、ダブ・ステップ、ハードコア・テクノに至るまで幅広くカバー、それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。近年、その年にリリースされたトラック5曲のみでMIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の主催も兼ね、その2012年版は海外からの提出が1番のりであったり総参加者数は100を超えたりと大盛況を博した模様に浮かれ気味。hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

    Colon (Illegal Wave Rec / Antinomie BASS)
    福岡で中高生時代よりインダストリアルハードコアを中心に楽曲を制作。2011年春の上京を機に、アナログレコードによるDJを始める。渋谷アシパンのBangin' Da Bassにてデビュー後、experience!等都内のパーティーに出演。2012年以降PCDJを導入し、都内のダーク・インダストリアルベースミュージックのパーティー"Sprout"との出会いをきっかけにダークステップやインダストリアルハードコアを主軸に楽曲を次々と繰り出し展開を作るスタイルへとシフト。観客を飽きさせないプレイを日々心がけている。現在はレジデントであるSproutを拠点にDJとして活動するとともに、Illegal Wave RecordsやAntinomie BASSといったダーク系レーベルにて楽曲制作も行っている。

    Zimbabwe (Mou Quete)
    JUNGLE×DRUM&BASS×DUBSTEP×etc…煙たい音と自我をレコバッグに詰め込んで流浪のジプシーDJしとります。SPROUTのloungeの他に野外レイブMouQuete、JACARANDA等をオーガナイズ!!六根を研ぎ澄まし風を読む!! Doop&Bass!!!

    [VJ] 加藤 健太郎 (GEEK COMPLEX TV / 鹿尾菜)

    中野heavysick ZEROで不定期開催のBASS MUSICイベント「GEEK COMPLEX TV」サブオーガナイザー。DJ&VJ&ブッキング&宣伝活動&クレーム処理&お悩み相談等を兼任。同時に、クリエイティブ集団「鹿尾菜」の一員として都内クラブを中心にVJとして活動中。
    http://geekcomplextv.blog.fc2.com/

    ※VJ出演を予定されていたAogiさんは、一身上の都合により出演辞退されることとなりました。何卒ご了承ください。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM