<< 11月 CURRENT VALUE 初来日決定!!! | main | 11/11(月) CURRENT VALUE 、DOMMUNE出演決定!!!!!!! >>
2013.10.11 Friday

11/16(SAT) Sprout -Current Value Live in Tokyo-

0

    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    DATE: 2013/11/16 (SUN) TIME: 23:00~6:00  PLACE: 中野Heavysick ZERO
    DOOR:¥3000(+1D)  WITH FLYER:¥2500(+1D)
    GENRE: Drum & Bass , Electronica , Dubstep , Breakcore, Hardcore, Techno 

    Facebook: https://www.facebook.com/events/376435409125772/?ref_dashboard_filter=calendar
    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    【SPECIAL GUEST】
    Current Value (Subsistenz / Barcode Rec / Tech Freak Rec )

    【MAIN DJ/LIVE】
    ENA (7even Rec / Samurai Music) 
    Tesco Suicide (黒電話666 x Drastick Adhesive Force)
    Nyolfen (Denryoku Label / Bunkai-kei / PROGRESSIVE FOrM)
    y0c1e (Hifumi,inc. / ALTEMA Records)
    hanali (gorge.in / telemetry) x Other Place
    Matic-log (MHz inc.)
    PortaL (Soundgram / 5gene)
    3x6 (Subroc Rec / Antinomie BASS)
    Medico (Murder Channel Rec)

    [VJ]
    球根栽培
    215 (sleeping factory)

    -------------------------------------------------
    【LOUNGE DJ/LIVE】
    100mado (Murder Channel Rec / Back To Chill)
    DJ MAHIRU (どらむん町内会 / ArijuaNa)
    Madmaid (路上レーベル / 異レギュラー) 
    6th (Illegal Wave Rec / Bassquaker)
    Minapiiin (つくしレコーズ)
    Kanabun (KPD Records)
    Dark Dutchwife
    TAK666 (Cradle To Grave)
    Colon (Illegal Wave Rec / Antinomie BASS)
    Zimbabwe (Mou Quete)

    [VJ]
    藍戯
    --------------------------------------------------------------------------------------

    Current Value (from Germany)

    Facebook: https://www.facebook.com/currentvalue
    Soundcloud: https://soundcloud.com/tim-e-aka-current-value

    ドイツはべルリンに居を置くCurrent Value(ティム·エリオット)は世界のアンダーグランド・ドラムンベースシーンの最前線の象徴である。またテッキーでニュータイプなダブステップのプロデューサーでもあり、常に一歩先を行く作品はその高度な技術的かつ独創的なアプローチとタイトなアレンジで一度聞けば誰もが彼の音楽と認識できるほどである。1992年、当時クラシックピアノを習っていたティムはにエレクトロニックミュージックに興味を持ちはじめ、自宅にスタジオを構築、音楽制作を開始した。数年後Kiss FMでレジデントDJをするようになったティムはDon Q Records、Position Chromeといったレーベルに出会い、そこで独創性に富んだ作品リリースした。中でも"Creative Robot", "Skybreaker"と"Bass Riot"といった曲達は、非常に暗く、不協和音的で、当時のTechstepに革命をもたらすほどのものであり、ジャングリストからエレクトロニカシーンからまで高い評価を得ることとなった。その後間もなくアメリカ、ヨーロッパ全土でライブを行い、そのユニークなサウンドの評判は、燃えるように世界中へ広まった。2004年にはオーディオエンジニアリングの学位を取得しさらに作品の質を高める事となり。その後Current Valueはこれまで以上に複雑で正確に組み込まれた音楽をSoothsayer、Intransigent、Obscene、 Algorythm、Evol Intent Recからリリース、SPL,LImewax, Donny, Counterstrike,Raidenといったプロデューサーとコラボ、2009年後半にドラムンベースを極限的なインダストリアルミュージックへと昇華させたかのような凶暴でエクスペリメンタルなフルアルバム"2012 - The Day Of Silence"がTech Freakからリリースされた。2011年にはDeadmau5が主宰するレーベルMau5trapからリリースされたNoisiaとForeign Beggarsが共作しているのトラックPurgeのリミックスがこれまで以上に多くの人に認識されることになり2012年、ついに世界的アーティスト"Bjork"とコラボレーションをすることとなり、Bjorkのアルバム"Biophilia"の"Sacrifice"のビートを構築し見事に高い評価を得る事となる。これに続きCurrent ValueはHudson MohawkeやAlva Noteと言ったエレクトロニックミュージックの先端に位置するアーティストと共に同アルバムリミックス集のパート1、4に楽曲を提供した。これを機にCurrent ValueはNeurofunkとTechno DnBを混ぜ合わせた独創的な楽曲を作り始めるようになる。2013年、Current Valueは、よりドラムンベースサイドへ、よりダンスフロアに映えるというサウンドという新しい方向性を切り開いた。しかし彼の従来の音楽性はまぎれも無く保持されており、彼は現在も先駆者で有り続けているのである。通算9枚目にあたる最新アルバム"Stay on This Planet"はドラムンベースという音楽にまだ無限の新しい可能性が秘められていることを証明した。彼のサイドプロジェクトとして、Dean Rodellとのユニット"MachineCode"も彼の音楽と同じくシーンから絶賛されている。ドラムンベースとダブステップとテクノをフュージョンさせた唯一無二のベースミュージックを提唱し、現在2枚のアルバムをリリースしている。他に、Current Valueは音楽制作向けソフトサンプラー"XLN Audio Reel machines"のデモソングを制作した経験もあり、現在、スウェーデンのClavia社のシンセサイザーブランド"NORD"がCurrent Valueのアーティストスポンサーを務めている。


     
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM