<< 13/09/22(SUN) Sprout!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! | main | 11月 CURRENT VALUE 初来日決定!!! >>
2013.09.18 Wednesday

9/22 Sprout Line up!!!!!!!!!!!!!!!!!!

0
    [MAIN DJ]

    DJ MYOSUKE (Japanese Stream Hardcore / Psycho Filth Records)
    都内を中心に活動するHARDCORE DJ/トラックメーカー。
    その攻撃的でありながら時に美しさ、儚さを内包した楽曲は多くのリスナーから高い評価を得ている。自らスピードコアレーベル「Psycho Filth Records」を立ち上げ、数多くの作品をリリース。また、国内のメインストリームハードコアクリエイターを集めたコンピレーション「Japanese Stream Hardcore」を企画、リリースし注目を集める。ヨーロッパのTraxtorm、Neophyte両レーベル主催のプロジェクト「THIS IS HARDCORE TIH ALBUM REMIX PROJECT」にて入選、オランダの大御所ハードコアユニットRotterdam Terror Corpsのリミックスを手がけるなど、国外での活躍も目覚ましい。


    DJ ATSUKI (MAMMOTH DUB)
    ギターとサンプラーを手に ハードコア、メタル、ジャムバンドなど様々なバンドを渡り歩き、2008年にDJに転身。埼玉を拠点に関東エリアを荒らしまわるDUB STEP PARTY「MAMMOTH DUB」をDJ doppelgenger、DJ MONDOと共に立ち上げる。MAMMOTH DUBは国内外問わず様々なアーティストを招聘し フロアは常に低音を求める人に溢れ 開催する会場での動員記録も樹立。埼玉を盛り上げながらも 各地にて大小問わず様々なパーティに出演。メタルへのリスペクトを込めたロングヘアーを振り乱しながらのエモーショナルかつシネマティックなプレイは 破壊的でヘッドバンギンなサウンドから ヒプノティックなドローンまでをも織り交ぜ 見る者を圧倒する。


    DARK DUTCHWIFE
    低音が好物の女DJ。ダブ・ステップ、ジャングル、ブレイクコア、ドラム&ベース、ノイズを男前にミックスするそのスタイルは、工場地帯を疾走する東海道線のスピード感さながらに、また彼女の地元である川崎ならではのインダストリアルかつ駅前再開発的なダイナミズムが感じられる。目下大注目のフィメールである。過去の共演アーティストはKid606, THA BLUE HERB,SLANG,BlueBird, Aaron Spector, Tecnoist, Goth-Trad, Com.A,BIG JOE,OLIVE OILなど。


    3x6 (SUBROC RECORDINGS)
    Darkstepのプロデューサーにして日本唯一のHardcore Drum&Bass Party、“Sprout”のオーガナイザー。メタルコアバンドのヴォーカリストとして音楽活動をしていたが2007からDrum & Bassの地に足を着け,現在の”3x6”の名義でプロデュース/DJ業を開始する。オリジナルトラックにはアニメやゲームからの サンプリングを使用したものが多く“SUBROC RECORDINGS”という自主レーベルで 同人音楽活動もしており ナードミュージック/オタクカルチャーの中でもその存在が評価されている。


    MEDICO (MURDER CHANNEL RECORDS)
    日本唯一のハードコア・ドラムンベースパーティー「SPROUT」を発信地として 自身で作曲、DJ活動を行っている。今 までにオーストラリアのレーベル、Hell’s Bassment Recordsより vinylやmp3にて楽曲を発表。 いずれもHard/Dark/Industrial/Technoidなどと形容される サウンドコンセプトで構成。世界最大規模のハードコア・ドラムンベースイベント「Therapy Sessions」などでも使用される。またSPROUTのイベントやブログで独自のMIXを配布。常に高いクオリティと新しい音表現に執着し、DJとしての構成、パフォーマンスも妥協を許さない。今ではSPROUTにおける一つのアイデンティティーとして定着。更には日本にこのサウンドを定着させるべく、現在邁進中。


    TAK666 (Cradle to Grave)
    TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。それなりに色々なパーティーに参加したり異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げてテクノ、ハウス、トランスからブレイク・ビーツ、ドラムン・ベース、ダブ・ステップ、ハードコア・テクノに至るまで幅広くカバー、それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。近年、その年にリリースされたトラック5曲のみでMIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の主催も兼ね、その2012年版は海外からの提出が1番のりであったり総参加者数は100を超えたりと大盛況を博した模様に浮かれ気味。hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。


    COLON (Antinomie BASS / Illegal Wave Records)
    福岡で中高生時代よりインダストリアルハードコアを中心に楽曲を制作。2011年春の上京を機に、アナログレコードによるDJを始める。渋谷アシパンのBangin' Da Bassにてデビュー後、experience!等都内のパーティーに出演。2012年以降PCDJを導入し、都内のダーク・インダストリアルベースミュージックのパーティー"Sprout"との出会いをきっかけにダークステップやインダストリアルハードコアを主軸に楽曲を次々と繰り出し展開を作るスタイルへとシフト。観客を飽きさせないプレイを日々心がけている。現在はレジデントであるSproutを拠点にDJとして活動するとともに、Illegal Wave RecordsやAntinomie BASSといったダーク系レーベルにて楽曲制作も行っている。


    MAIN[VJ]

    Q-CON SAIBAI 
    MV、ライブDVD、TV番組、ショーケース映像などを手掛ける映像ディレクター。2007年よりVJ活動を開始し、EVOL INTENT、STATE OF MIND、THERAPY SESSION、FORBIDDEN SOCIETYなど海外の大物アーティストの映像演出を手掛ける。2009年に発表した短編映像作品「九月の鼠」は国内外の映画祭でそこそこの評価を受け、2011年には「映像作家100人2011」(BNN出版)に掲載される。 近年は映像による洗脳催眠の可能性を模索中。


    [LOUNGE DJ]

    Redd(Death Inferno)
    異端者の代名詞。そして『黒の美学』の提唱者であり、狂気と破壊と闇黒の音世界を提供するHARDCORE企画、”Death Inferno”の首魁。東京では異端とされ、地の底へ追い遣られた凶悪無比のSPEEDCOREを重い枷より解き放ち、その咆哮を以って闇世界を混沌の坩堝へと変貌させる。破壊的なまでの激情(Destruction)、歪なる想念(Distortion)、闇黒(Darkness)の三種の神器ならぬ三種の凶器、それらが渾然一体となって織り成す真の恐怖(Death)は最早REAL HARDCOREという枠内にすら留まらず、TERRORという禁忌の領域に達するほどのもの。多数派に阿ることが延命の策とされるこの世の中にて、あえて悪の旗を掲げつつも自らの信じるHARDCOREを徹底追求する、異端にして孤高の存在である。


    ARUMAKAN(STACK PACK / ArijuaNa)
    2011年10月にオーガナイザー交代以来、通常のクラブイベントでは有り得ない企画の数々を実現させ、その年の酒販売記録を塗り替えたクソバカ酔っぱらいパーティー『STACK PACK』主催三代目。また、2012年8月12日、2013年8月10日に逗子の海の家Beach SAIKO!!にて開催された7団体合同パーティー『ALL LIGHTS!!!』を共同オーガナイズするなど、ジャンルや流儀に拘らない活動を続けるDrum & Bass DJ、オーガナイザー。2013年4月より【それまでクラブミュージックを聞いたことがない層とDrum & Bassの世界を融合させ、アンダーグラウンド(黒)とオーバーグラウンド(白)の融合を図る】事を信条としたパーティー『ArijuaNa(アリヤナ)』を始動、DeepからHard、果てはRaveまで多彩なDrum & Bass DJを招聘し、好評を博している。同年6月、DJ Squallと『粋狐-suiko-』を結成。【粋な和風ドラムンベース】をテーマに作曲を開始。Techno,Houseなどが中心のイベントに出演し孤独にDrum & Bassを奏でるその姿は、さながら現代のスナフキンのようだとかはあまり言われないが、顔は森山未來にそっくりだと良く言われる。辛いものと海老と卵と内臓系が苦手だし牛乳もあんまり飲まないのに無駄に背が高い。


    E-gu.3 (experience!! / Shogunate)
    2011年に初心者支援パーティーexperience!の公募でHardstyleのDJとしてデビュー。世界最新のHardstyleを取り入れたプレイで、日本にシーンを作ろうと画策している。2013年3月からはexperience!!の2代目スタッフとなり、オーガナイザーとしての手腕も磨いている。様々なパーティーを通して世界のHardstyleの魅力を日本に広めるのが目的であり、ゆくゆくはDefqon.1のような野外パーティーを日本で開催するのが夢である。


    R-9 (EPX studio, Body Inform)
    DJ、トラックメーカー、同人漫画作家。高校時代より曲作りを始め、1999年にはハードウェアシンセを中心としたライブセットを確立。黎明期のインターネットを通じて独自のコネクションを築く一方、宇田川町スパイスレコードを中心に中古レコードを買い漁る日々を送る。2000年から開始したDJ活動では、一貫して硬い縦ノリのテクノを掘り下げている。活動10年目の2010年、初めてドラムンベースへも守備範囲を広げ、現在は早稲田「茶箱」でのパーティー<SBCDNB>も不定期にオーガナイズ。これまで過去5回、<Sprout>をはじめとする多様なパーティーからDJを招いている。


    DJ YEW (Mo'Fun / STACK PACK)
    1984年信州に生まれる。
    小学生時代にDJ KOOに憧れDJを志す。大学時代に埼玉に移り住みクラブデビューを果たし、多種多様なイベントに呼ばれたりヒップホップクルーに所属したりラッパーにビートを提供したりリミックスしたりミックスをリリースして、現在Mo'Fun、STACKPACKにレギュラー出演中。ヒップホップを軸に、暴力的で変態的な音をアナログで紳士的にMIXします。


    L_Dragon_
    ldoragon
    2010年末、wacomのnextbeatと出会いDJを始める。
    当初はUKハードコア、ハードスタイル、ドラムンベース、ハウス等のジャンルを点々と活動していた。しかしダークサイケ&シュランツのMIXがハードコアタノシーの公募に受かり、そこからはダークサイケとシュランツに没頭している。最近少し太った。


    下関 GANGSTAZ ALLIED
    experience!!で物議をかもしたアイツらがなぜかSproutに降臨。


    ZIMBABWE (SPROUT / MOU QUETE)
    JUNGLE×DRUM&BASS×DUBSTEP×etc…煙たい音と自我をレコバッグに詰め込んで流浪のジプシーDJしとります。SPROUTのloungeの他に野外レイブMouQuete、JACARANDA等をオーガナイズ!!六根を研ぎ澄まし風を読む!! Doop&Bass!!!


    LOUNGE[VJ]

    AOGI
    素直に気まぐれがモットー お話作ったり、お絵かきしたり、歌ったり、作曲したり、DJしたり、VJしたり やりたいことをやりたい放題やってます


    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM