2017.01.25 Wednesday

"The Lords Go Without Thrones bandcamp リリースのお知らせ

0

    2017/1/25本日よりダウンロード販売が開始されました。

    フルで500円、単曲100円でもご購入いただけます。

     

     "The Lords Go Without Thrones " bandcamp page

    https://iconoclastrecordings.bandcamp.com/album/the-lords-go-without-thrones

     

    CD-R版購入の方へ大事なお知らせ

    2016/10/30のM3で頒布されたCD-R盤において3曲目"Masaki Tomotsuka - Veil"の内容に不備があったことが確認されました。

    この度は不十分な内容の物を頒布してしまったこと、誠に申し訳なく心よりお詫び申し上げます。

    今回のダウンロード版は不備の修正、および全曲をリマスタリングしたリマスター版となっておりますが

    CD-R版購入者様には無料でダウンロードして頂くことが可能です。

    また今後頒布されるCD-R盤は全てこのリマスター版へ内容が変更となります。

     

    DL方法:

    ・CD盤(ケースと中身があることを確認できること)をカメラで撮影、写真を添付の上、メールまたはTwitterのダイレクトメッセージでDL希望の旨お知らせください。

    ダウンロードリンクを返信致します。(期限2017年内)

     

    How to Free Download  (Only The Purchaser who bought CD-R version)

    ・Taking a picturer of the CD that you have, and send it by email or Direct Message on Twitter

    ・You can recieve the  Download link. (limit:within the year)

    例:

     

    email:iconoclastrecs@gmail.com

    twitter:https://twitter.com/kozi3x6

     

    以上、何卒よろしくお願いいたします。

     

    3x6

     

     

    2016.10.17 Monday

    [M3-2016秋] "The Lords Go Without Thrones" [新作]

    0

      ICONOCLAST RECORDINGSは10月30日開催の音系オンリー即売会"M3"にて

      下記の新譜CDのリリースを予定しています。

       

       "The Lords Go Without Thrones" 

       

      DARK SOULSシリーズのボスキャラクターをイメージしたコンピレーションミニアルバム。ダークステップ、ドラムンベース、インダストリアルハードコア、ポストロック、ブラックメタル等多彩なジャンルを収録。あるときは破壊的に激しく、またある時はもの哀しく、

      原作のダークファンタジーと絶望感を音で表現するダクソファン音楽クリエイター5名による同人作品。

       

      01.tuaiki - Seath the Scaleless (白竜シース)

      02.3x6  - Song From The Lake (唄うデーモン)

      03.Masaki Tomotsuka - Veil (冷たい谷の踊り子)

      04.3x6 - Sludged Divine (神喰らいのエルドリッチ)

      05.Engage Blue - Morgue Digger (墓王ニト)

      06.Thanatlogoth - The Indictment -告罪を- (四人の公王)

       

      Artists

      Engage Blue :http://www.engageblue.com/

      tuaiki :http://tuaiki.tumblr.com/

      Masaki Tomotsuka :https://www.facebook.com/pnk.mnmt

      Thanatlogoth :http://subroc.3x6x.com/?eid=89

      3x6 :https://soundcloud.com/kozi3x6

       

      Illust Design

      MISSILE228 http://www.pixiv.net/member.php?id=429077

       

       

       

      頒布価格500円

       

       

      ■M3スペース情報■


      第二展示場1F  え-32a
      "ICONOCLAST RECORDINGS"

       

       

       

       

       

       

      2016.05.06 Friday

      Sprout & The Otherman Show Presents DJIPE LIVE IN TOKYO 2016

      0
        2016/6/12(SUN) @ Nakano Heavysick ZERO
        OPEN16:00〜CLOSE22:00
        DOOR:2000yen(+1D) ADV1500yen(+1D)
        Facebook:https://www.facebook.com/events/474674779404235/



        SPECIAL GUEST:
        DJIPE from NL (The Third Movement/Peace Off)

        MAIN:
        Coakira (MADDEST CHICK'NDOM)
        extremeOBSN (anybody universe)
        Kei Toriki (明日の叙景)
        Othermoon (OthermanRecords/coreKrave)
        3x6 (Thanatlogoth / Iconoclast Rec)
        Medico (Sprout / Iconoclast Rec)
        TAK666(Cradle to Grave)


        LOUNGE:
        Quark (HARDER & LOUDER Recordings)
        HokBoy (ANISON MATRIX!! / VOCALOID-ManiaX)
        Kik itadaki (神谷二丁目)
        PLUZZM (Internet label Muzigen Muzic)
        Colon (HARDGATE, Wasteland, IwR) 
        Takeru(Extage Coreground
        Dark Dutchwife


        VJ:
        球根栽培
        Hoshi (CausalityParallelismRecords/Technoboo)


        Flyer design:
        風間




        MAIN

        DJIPE from NL (The Third Movement/Peace Off)


        2013年より音源をリリースし始めたDJIPEはBreakcore、Drum’n’Bass、Hardcoreをブレンドしたサウンドと共に、パワフルなLiveパフォーマンスでヨーロッパを中心に活動している。Peace Off、Deathchantを始めとする様々なBreakcore、Hardcoreのレーベルからリリースを行っていた彼であるが、2014年にはオランダの名門レーベルであるThe Third Movementに加入。今後もその独創性溢れるサウンドで全世界のクラウドを熱狂させる事だろう。なお、DJIPEの読み方であるが、”D”は発音しないため「ジープ」或いは「ジャイプ」と呼ぶようだ。

        https://soundcloud.com/djdjipe
        https://twitter.com/djipe_core
        https://www.facebook.com/DJIPExCORE

        Coakira (MADDEST CHICK'NDOM)

        90年代初頭よりエレクトロサウンドの製作を開始。Coakria名義ではSpeedcore,Terror, Gabber,Extra Toneなど激しく凶悪なトラックを中心に製作している。デジタルハードコア・ ユニットAKIRADEATHのトラッカーとしても活動。2015年8月にMADDEST CHICKNDOMよりRedOgreとのスプリットアルバムを リリース。2015年12月に2ndフルアルバム「Sekai No Owari Ni...」をリリース。2016年2月に自主レーベルFujimi Industry RecordsよりコンピレーションCD「IMMORTAL HARDCORE VOL.1」をリリース。
        http://sound.jp/coakira/
        https://soundcloud.com/coakira

        extremeOBSN (anybody universe)

        ドラマー / エレクトロニクス奏者、タナカの IDM / breakcoreプロジェクト。2016年3月、レーベル "anybody universe" より、Laxenanchaosとの共作、 "LIFE FUCK US ALL" をリリース。ライブ演奏時はインプロヴィゼーション・不確定要素の導入に重点を置いている。他にsuthpire(doom/ambient) ZENANDS GOTS(grindcore) TttaaattT(noise/powerambient)などのバンドで活動中。
        https://soundcloud.com/tnkobsn

        Kei Toriki (明日の叙景)

        ポストブラックメタル、ハードコアバンド「明日の叙景」のギタリストとして活動しながら、2014年よりソロ活動としてのトラックメイクを始める。作品のリリースを活動の主軸に、ギターを用いたライブを行っている。
        extremeOBSN Spore Spawnとのノイズバンド「TttaaattT 等でも活動している。
        https://soundcloud.com/666casey

        Othermoon aka ブレイクコア邪神 (OthermanRecords/coreKrave)

        1982年兵庫県生まれ、神奈川県在住。学生時代に大阪のパーティ「MIDI_sai」にてブレイクコアに衝撃を受け、以来10年以上に渡ってシーンを追い続けている。その結実として、自らのレーベル「OthermanRecords」を立ち上げ、日々のdigにより国内外問わず新たな才能を発掘しコネクションを取りながら、高クオリティなブレイクコアのリリースを安定的に続ける一方、 レーベル主催で数々のブレイクコアパーティをオーガナイズし100名以上の動員に成功するなど、各種活動を通じてブレイクコアの普及と啓蒙に努めている。そのDJプレイの内容は、レイヴコア、ジプシーコア、ロリコアと言った様々なブレイクコアのサブジャンルは勿論、 ガバやジャングル、クロスブリードなどのジャンルも貪欲に取り入れ、主眼はブレイクコアの魅力の伝道ながらも、ハードコアに楽しく踊り狂えるプレイが持ち味。自分のDJでブレイクコアに興味を持ってもらえたり、楽しいジャンルなんだと思ってもらえたら嬉しいです。
        http://www.otherman-records.com/
        http://blog.otherman-records.com/
        https://soundcloud.com/othermoon
        http://twitter.com/othermoon
        http://enty.jp/othermoon

        3x6 (Thanatlogoth / Iconoclast Rec)

        Darkstepのプロデューサーにして日本唯一のHard Drum & Bass Party、“Sprout”のオーガナイザー。メタルコアバンドのヴォーカリストとして音楽活動をしていたがその後Dark DnBの音楽性に魅了され,現在の”3x6”の名義でプロデューサー/DJとしての活動を開始。オリジナルトラックにはアニメやゲームからの サンプリングを使用したものが多く“SUBROC RECORDINGS”という自主レーベルで 同人音楽活動も行う。現在は新たにIconoclast Recordingsというレーベルを立ち上げ、またDoom / Black Metal + Bass Music という斬新なユニット"Thanatlogoth"をyuqwe.(Umiushi Rec)と結成し、新しいDark Musicの実験研究を続けている。
        http://3x6x.com/

        Medico (Sprout / Iconoclast Rec)

        日本唯一のハードコア・ドラムンベースパーティー「SPROUT」を発信地として 自身で作曲、DJ活動を行っている。今 までにオーストラリアのレーベル、Hell’s Bassment Recordsより vinylやmp3にて楽曲を発表。 いずれもHard / Dark / Industrial / Technoidなどと形容される サウンドコンセプトで構成。世界最大規模のハードコア・ドラムンベースイベント「Therapy Sessions」などでも使用される。またSPROUTのイベントやブログで独自のMIXを配布。常に高いクオリティと新しい音表現に執着し、DJとしての構成、パフォーマンスも妥協を許さない。今ではSPROUTにおける一つのアイデンティティーとして定着。更には日本にこのサウンドを定着させるべく、現在邁進中。

        TAK666(Cradle to Grave)

        TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活 動を開始。それなりに色々なパーティーに参加したり
        異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げてテクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみでMIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』 の企画運営を実行、
        また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し 、2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワー ズを達成するなど此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『 1クレ50円』。
        http://www.tak666.com/

        LOUNGE
        Quark (HARDER & LOUDER Recordings)


        2009年にOphidianのHardcoreに触れ、 2012年からAbleton Live 8にて本格的に作曲を始める。暇があれば曲を作り、 約90曲のHardcoreをインターネット上にアップしている 。現在は自曲 「Butterfly Dies」からCrossbreedに火が付き、 Crossbreedをメインに作曲をしている。その後、Japanese Stream Hardcore Vol.6にて自身のHardcoreを収録。DJでの活動もHARDGATE02にて自曲を混ぜたCross breedミックスをプレイ。 今後も活動の幅を大きく広げる予定。意外な所でフィルが入る乗れなさそうで乗れる曲をモットーに日々 作曲中。
        https://twitter.com/ Quarkgabber
        https://soundcloud. com/quark-gabber

        HokBoy (ANISON MATRIX!! / VOCALOID-ManiaX)

        1990年生まれ。2010年、包茎手術に成功し、DJを始める。秋葉原MOGRAのマンスリーパーティー「ANISON MATRIX!! にレジデントDJとして所属。特にアニソンとRAVEミュージックに傾倒したDJを得意としている。その傍ら、国内屈指のブレイクコアレーベル「Otherman Records のラジオに自身のルーツでもあるBraindance IDMといったジャンルのDJmixを提供するなど、ブレイクコアシーンでも活動している。また、トラックメイカー・DJの盟友KoC_kunとの多次元エモーショナルユニット「H.K.WORKS としても活動中。
        http://soundcloud.com/hokboy
        http://soundcloud.com/h­k­works

        Kik itadaki (神谷二丁目)

        1988年静岡生まれ16歳よりHiphopのMC/track makerとして活動をスタートさせるが、様々な音楽を吸収するうちにいつしかbreak core/gabba方面に転生。現在はOFF THE TRACK TO HARDCORE等ハードコアシーンを拠点に活動中!勢いとエッジを重視し攻めのスタイルでぶち込ん来る鬼畜である。 
        http://soundcloud.com/kik­itadaki

        PLUZZM (Internet label Muzigen Muzic)

        小学生のころ(約10年前) に親の影響ではまりだしたDiscoから僕のダンスミュージック の歴史は始まりました。
        しばらくJungle(DnB,Breakbeats) や当時のDubstepのJungle Bassに思いをはせました。中学生時代(約7年前) ぐらいから本格的にDJなどを見る機会ができて、 今のスタイルのDarkstepなどにも耳を通すようになりまし た。DJやDTMをし始めたのはだいたいこのころなのですが、 機器などをそろえる経済力は無くすべてPCのマウスとキーボード 操作でした笑 高校に入ってから本格的に機器などをそろえてやり始め、 DJのライブなども積極的に見るようになりました。このころ見たり聞いていたりしたのはRampageというイベン トや、BBCの"Daily Does of Dubstep"などです!今は、古き良きDarkstep & 今時のUndergroundな2step音楽が混ざったような 雰囲気を中心にChill D&BやTrap, Garageなどさまざまな音楽を製作中です!DJの方も、 できるだけ色々なジャンルを取り入れるようにプレイすることを心 がけています。モットーは"他にはない曲、他にはない音"です!
        https://soundcloud.com/pluzzm

        Colon (HARDGATE, Wasteland, IwR) 

        高校生の頃よりDTMを開始し、Illegal wave RecordsでIndustrial Hardcoreを制作、リリース。2011年上京とともにDJ活動を開始。VinylでHardcore,DnBを中心としたプレイをするも、Darkstep等Hard DnBを中心とした都内のパーティ"Sprout"と出会い、PCDJを用いた早繋ぎに衝撃を受け、自身もそれを取り入れていくこととなる。2013年以降、DnB, Hardcore系を中心に様々なパーティに出演。またレジデントであるSproutではDonny, Current Value, Forbidden Societyといった海外のHard DnBアーティストとも共演し、2014年冬のDJ Hidden来日の際にはDOMMUNEにてプレイを披露。DnBとHardcoreのハイブリッドジャンルである"Crossbreed"を広めるべくDJ/楽曲制作の両面で活動している。
        https://soundcloud.com/colon_dnb

        Takeru(Extage Coreground)

        2012年高知から上京。"Melodic/Brutal" Death Metalなどの無機質且つ荒々しい凶暴な音から影響を受けたHardcore/D’n’BのDJとして2014年に活動開始。現在ではHardcoreとD’n’BのハイブリッドジャンルともいえるCrossbreedを主軸としている。2015年にはAtneckと共にハードコアパーティ、「Extage Coreground」を主催。またOffendとのTerrorcoreユニット「Distortion Twins」として活動を開始するなど、飽きることなくアンダーグラウンドな音を追い求め続けている。最近社会に出た。
        https://soundcloud.com/senka_takeru

        Dark Dutchwife

        低音が好物の女DJ。ダブ・ステップ、ジャングル、ブレイクコア、ドラム&ベース、ノイズを男前にミックスするそのスタイルは、工場地帯を疾走する東海道線のスピード感さながらに、また彼女の地元である川崎ならではのインダストリアルかつ駅前再開発的なダイナミズムが感じられる。目下大注目のフィメールである。過去の共演アーティストはKid606, THA BLUE HERB,SLANG,BlueBird, Aaron Spector, Tecnoist, Goth-Trad, Com.A,BIG JOE,OLIVE OILなど。
        http://drumnbass.jp/artists/Dark%2BDutch%2BWife

        VJ
        球根栽培

        MV、ライブDVD、TV番組、ショーケース映像などを手掛ける映像ディレクター。2007年よりVJ活動を開始し、EVOL INTENT、STATE OF MIND、THERAPY SESSION、FORBIDDEN SOCIETYなど海外の大物アーティストの映像演出を手掛ける。2009年に発表した短編映像作品「九月の鼠」は国内外の映画祭でそこそこの評価を受け、2011年には「映像作家100人2011」(BNN出版)に掲載される。 近年は映像による洗脳催眠の可能性を模索中。

        Hoshi (CausalityParallelismRecords/Technoboo)

        グラフィックアーティストとして3DCG等を用いたアート作品の制作を行っており、VJとして活動中 またPsychedelicTrance,HardcoreTechno,ElectronicaなどのジャンルでDJとしても活動している。
        http://hoshi-sh.tumblr.com/

        Flyer design:
        風間

        http://gondwanaland3000.tumblr.com/